HOME > 世界から日本へ > 認証医療渡航支援企業

認証医療渡航支援企業

(1) 認証の目的

国外からの医療サービス(健診や治療・検診(治療後のフォローを含む))の受診者(以下、渡航受診者)の受入れにおいては、訪日前から帰国後にわたり、医療情報のやり取り、 通訳、移動手段、宿泊等の幅広いサポートが必要であり、文化の違いによるトラブルなどのリスクも存在しています。これらに対応するために、医療機関が、自ら必要なリソースを 保有し対応することは、現状では一部の医療機関を除いては困難です。これらの対応について、医療機関への支援を事業として行う企業が存在していますが、それらが提供するサービスの内容は様々です。

そのため、渡航受診者が安心して医療サービスを受け、また受入れを行う医療機関も適切な医療を提供できる環境を整えるには、質の高い支援サービスを提供できる医療渡航支援企業を育成し、その存在を国内外に周知する必要があります。

こうした認識に基づき、日本政府のガイドラインに基づく一定の基準を満たした、 質の高い支援サービスを提供できる企業を「医療渡航支援企業」として認証します。

(2) 認証基準

以下の基準を満たす企業を「医療渡航支援企業」として認証します。

  1. 医療滞在ビザ身元保証機関 (下欄参照 / 経済産業省または観光庁)
  2. 旅行業登録 (第1種、第2種、又は第3種)
  3. 受入実績 (年間平均150名以上、うち治療目的120名以上)
  4. ジャパン インターナショナル ホスピタルズからの推薦(複数の医療機関の推薦)
  5. プライバシーマークの取得
  6. 顧問医(顧問契約等により随時医師に相談できる体制を有する)
  7. 渡航受診者への説明
  8. 事業計画の策定 (受入数の見込、社内研修計画等)
  9. 受入支援業務の状況の把握 (受入状況の定期報告)
  10. その他
    • 訪日前から帰国後のフォローアップまで責任を持って対応
    • サービスの質の向上 (医療通訳対応や社員研修等)
    • 医療渡航支援全般の活性化・高度化への協力
    • 認証組織が行う調査等への協力

※「医療渡航支援企業」として認証された企業については、以下の通りです。

会社名 所在地 認証番号
株式会社ジェイティービー 東京都 MEJ-AMTAC-001
日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 東京都 MEJ-AMTAC-002

参照: 医療滞在ビザ身元保証機関とは?

2010年6月「新成長戦略」において、アジアの富裕層等を対象とした健診、治療等の医療及び関連サービスを観光とも連携して促進していくとの国家戦略が掲げられ、その実現のための施策の一つとして、「医療滞在ビザ」が創設され、翌年1月より、運用が開始されました。

外務省ウェブサイト
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/medical/

医療滞在ビザを利用する外国人患者及びその同伴者等がビザ申請を行うに際しては、日本の国際医療交流コーディネーター又は旅行会社等(以下、「身元保証機関」)の身元保証を受ける必要があり、こうした身元保証機関となるためには、経済産業省または観光庁において登録する必要があります。

経済産業省ウェブサイト
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/visa_for_medical_stay.html

観光庁ウェブサイト
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/iryoutaizai_touroku.html

(3) 認証審査フロー

フロー図